100年後の犬の幸せのために、今、私たちにできることを…
by inumirai
プロフィールを見る
画像一覧
最新の記事
自由が丘マリクレールチャリテ..
at 2011-05-21 02:03
22日犬未来が青山に登場します!
at 2011-05-20 21:05
マザーズモールin光が丘IMA
at 2011-05-12 11:43
岩手県災害時動物救護本部様へ..
at 2011-05-12 09:02
東日本大震災救援募金のお願い
at 2011-04-10 02:14
カテゴリ
全体
犬未来とは…
活動予定
活動報告
東日本大震災救援
はじめまして
未分類
以前の記事
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

救援物資 第4便

3月28日(金)東日本大震災被災地への救援物資の送り出しをしました。

e0222905_163481.jpg
今回も、たくさんの物資が集まりました。

ご協力に感謝いたします。

今回の救援物資は、緊急災害時動物救援本部様にお願いいたしました。

e0222905_1635176.jpg
緊急災害時動物救援本部様までは、豊島工務店さん(バロンのしっぽのご近所さんです)が運んでくださいました。

豊島工務店さんのほか、根岸酒店さんが台車を貸してくださったり、ご近所のみなさんのご協力にも感謝いたします。

e0222905_16414260.jpg
緊急災害時動物救援本部様。

e0222905_1646496.jpg
たくさんの若い方が作業をしていらっしゃいました。

2階建ての民家に、溢れんばかりの物資が集まっていました。

e0222905_16481336.jpg
集まった物資を仕分けするのに伴って、ゴミもたくさん出ます。

提供する側の工夫も必要かな?と思わされたシーンです。

e0222905_16464721.jpg
よろしくお願いします。

直前の記事にも掲載しましたとおり、今回で 犬の未来を考える会 からの支援物資の送り出しは、ひとまず終了といたします。

たくさんのご協力をありがとうございました。

ご協力くださった方々を、すべてご紹介できなかったこと、お許しください。
[PR]
# by inumirai | 2011-04-03 16:32 | 東日本大震災救援

被災ペット支援活動へのご協力ありがとうございました

犬猫を愛する皆様へ

 

被災地のペットたちへの物資支援活動に際しましては、沢山のご協力を賜り、ありがとうございました。

震災から半月が過ぎました。 時が経過する程に被害の深刻さに、呆然としております。

未だ行方不明の多くの尊い命が無事であって欲しい.....。

祈りながら毎日を過ごしております。

 

3月25日、東北自動車道が全面開通になり、支援物資の被災地への到着が、スムーズに行くようになりました。 被災地の支援物資センターの物資がさばききれない程になっている様です。

「ほんのひとかけらのジャーキーでも、お腹を空かせた相棒達に届けたい!」 そんな気持ちで始めた、犬猫への支援物資を被災地に届ける活動ですが、ひとまず物資の受付を終了させていただく事に致しました。

今後は、緊急災害時動物救援本部様 に、お問い合せ、ご確認の上、被災地の犬猫達に継続してご支援お願い致します。(4月中旬までの設置の様です)

緊急災害時動物救援本部様では、被災各県にセンターを設け、要望に合わせた物資の供給が叶うようになったとの事です。

今回の活動では、難民を助ける会様の支援物資供給のノウハウに、犬猫の命をつなぐ物資を託しました。 2週間の命をつなぐ試みですが、関わって下さった沢山の方々に感謝を申し上げたく思っております。

ご自分の安全、恐怖を後回しに、いち早く被災地にペット用の支援物資を届けて下さったドライバーさん。「避難所に犬いる~!」 の情報を受け、トラックを走らせて下さったとの事。 ありがとうございました。

人間用の支援物資の間に、ペット用の物資をトラックにのせ、被災地に届けて下さった難民を助ける会様。 命を尊んで下さってありがとうございます。

沢山の物資を当会に託して下さいました、企業様、個人様。 本当にありがうございました。

励ましのメール、被災地のペット達の情報ををお寄せ下さいました方々、本当にありがとうございました。

個別の御礼が遅くなるかもしれません。 バロンのしっぽの通常業務と同時進行での活動のため、 不義理になりましたら、申し訳ありません。 この場をおかりしてお詫び申し上げます。

犬の未来を考える会 は、当会だからこそ出来る事に、全力を持って望んでおります。 今回の支援活動に関しては、心意気のバトンを渡せるようになれば、当会の役目はとりあえず一段落かと存じます。

もちろん、すでにお預かり致しました支援物資、また、すでに支援物資のお申し入れをいただきました企業様、個人様には、支援物資を被災地の犬猫達に届けるお手伝いをさせていただきますので、ご安心下さいませ。

今後もペットを取り巻く被災地の環境が変わって行くと思います。

当会では、リサーチを継続しながら、ブログ内でご案内させて頂きます。

当会としての支援物資受付の終了をご案内しますとともに、心より御礼申し上げます。

ありがとうございました。


犬の未来を考える会 代表

森松 郁子



【注】
緊急災害時動物救援本部様では、3月28日現在、支援物資の募集を一時中断されています。
物資の発送の前に、必ずお問い合わせ・ご確認をお願いいたします。



※ 本ブログの不調により、臨時ブログに掲載(3月28日)
※ 本ブログ復旧に伴い、臨時ブログより転載(4月3日)
[犬未来ブログ担当]

[PR]
# by inumirai | 2011-03-28 22:50 | 東日本大震災救援

個人の方からの救援物資の受付に関して

これまでたくさんの救援物資のご提供をありがとうございました。

犬の未来を考える会では、個人の方からの救援物資受付は終了いたしました。

でも、被災地では、まだまだ救援物資を必要としているワンコ、ニャンコ、そして飼い主さんはたくさんいるはずです。

被災地へ救援物資を…とのお気持ちのある方は、ぜひ、以下の

緊急災害時動物救援本部

へお願いします。


【注】
緊急災害時動物救護本部 では、4月3日現在、支援物資の受付を中断しています。
必ず、ご自分でご確認くださいますよう、お願い申し上げます。



※ 本ブログの不調により、臨時ブログに掲載(3月27日)
※ 本ブログ復旧に伴い、臨時ブログより転載(4月3日)
[犬未来ブログ担当]

[PR]
# by inumirai | 2011-03-27 14:50 | 東日本大震災救援

救援物資 第3便

e0222905_15134621.jpg
バロンのしっぽの事務所、ダンボールの山です。

e0222905_15142667.jpg
パソコンまで、たどり着けません。 嬉しい悲鳴!

e0222905_151507.jpg
NPO法人 難民を助ける会さん の車が、救援物資を引き取りに来てくださいました

e0222905_1516154.jpg
さぁ、積み出しの始まりです。

e0222905_15163436.jpg
今回は、若くて頼もしい助っ人が来てくれて、助かりました。

e0222905_15171363.jpg
どんどん積み込まれていくドッグフード。

e0222905_151749100.jpg
難民を助ける会さん、よろしくお願いします。

犬の未来を考える会 では、あと1回、28日に救援物資の送り出しを予定しております。 そして、それを一区切りにしたいと考えております。


※ 本ブログの不調により、臨時ブログに掲載(3月27日)
※ 本ブログ復旧に伴い、臨時ブログより転載(4月3日)
[犬未来ブログ担当]

[PR]
# by inumirai | 2011-03-25 16:20 | 東日本大震災救援

たくさんの救援物資ありがとうございます

e0222905_14553642.jpg
バロンのしっぽの小さな事務所に、たくさんの救援物資が集まりました。

e0222905_14561760.jpg
リフレックスさまより、ドッグフード300kg。 これは、その一部です。

e0222905_1457364.jpg
今日は、可愛い "お届け隊" も来てくれました。 ゴールデンのゆきちゃんと、ラブラドールのモリーちゃん。

e0222905_14575158.jpg
ドッグフード、キャットフード、ペットシーツ、猫砂、ペット用濡れティシュなどなど。

スウェーデン式ドッグマッサージ アンティさま、 緑ヶ丘 グリーンヒルさま、ゆきちゃん、モーリーちゃん、と井上さま、ありがとうございました。

e0222905_14583933.jpg
シュナのフィガロ君も、ママと一緒に救援物資を持って来てくれました。

e0222905_145984.jpg
赤ちゃんの紙おむつとおしりふき。 フィガロ君、ママさん、ありがとうございました。

この他にも、たくさんの救援物資をいただきました。 全部ご紹介できなくて、ごめんなさい。

心より、感謝いたします。


※ 本ブログの不調により、臨時ブログに掲載(3月27日)
※ 本ブログ復旧に伴い、臨時ブログより転載(4月3日)
[犬未来ブログ担当]

[PR]
# by inumirai | 2011-03-24 13:46 | 東日本大震災救援